「エシカル消費」ってなに??意味や事例を徹底解説

「エシカル消費」ってなに??意味や事例を徹底解説

エシカル消費ってなに??

エシカル消費とは、「地域の活性化や雇用等も含む、人や社会・環境に配慮して消費者が自ら考える賢い消費行動」(「倫理的消費(エシカル消費)」に関する 消費者意識調査報告書 消費者庁 p20)のことを指します。

少し難しいですが、良く知られている「エコ」の概念よりもう少し広い概念と考えると分かりやすいかと思います。

環境だけでなく、人や社会にとっていい消費を消費者個人が考えていく消費行動です。そもそもエシカルとは英語で”ethical”、すなわち「倫理的な」という意味を指します。環境だけでなく、人や社会にとってもよいという意味で倫理的、という言葉が使われているのですね。具体的にはどんな消費行動が当てはまるのでしょうか。エシカル消費の種類を見ていきましょう。

エシカル消費の種類

環境にとっていい消費

ここは一番わかりやすいのではないかと思います。例えば以下のようなものが当たります。

  1. エコ商品
  2. リサイクル品
  3. 資源保護等に関する認証がある商品

人にとっていい消費

環境にいいだけでなく、人にとっていいこともエシカルな消費活動です。例えばファストファッションと呼ばれる低価格のアパレルの製造現場では低賃金労働の問題があることが知られています。

  1. 障碍者支援に繋がる商品
  2. 発展途上国の雇用に繋がる商品

社会・地域にとっていい消費

社会にとっていいことも重要です。地域の産品を使う地産地消をはじめ、発展途上国と垣根なく公正に取引を行うフェアトレード製品の購買もエシカルにあたるとされています。

  1. フェアトレード商品
  2. 寄付付きの商品
  3. 地産地消
  4. 被災地産品

その他のエシカル消費

人だけでなく動物に関しても倫理的であることはエシカルです。エシカル消費の考え方をベースに作られたエシカルファッション製品の購買もあります。

  1. 動物福祉
  2. エシカルファッション

エシカル消費の課題

エシカル消費という言葉自体は2014年頃から使われるようになり、その認知度は近年向上してきているもののまだ8.8%にとどまっています(「倫理的消費(エシカル消費)」に関する 消費者意識調査報告書 消費者庁 p19より)。

また、エシカル商品は大手メーカーが作る大量生産品と異なり、価格が高いことがアンケートで言及されています。

まだまだエシカル消費の普及にはハードルが高いのかもしれません。しかしエシカルを心がけることは環境負荷の低減や国内のみならず世界の人々の生活の豊かさの実現につながっていくことは間違いないでしょう。このサイトでもエシカルな商品やエシカルに関するトピックを取り上げていきますのでぜひ「エシカル」を意識した生活をしてみてくださいね。

エシカル商品が当たるinstagramキャンペーン「0円からのエシカル消費」はこちら

ブログカテゴリの最新記事